CLOTHO CORPORATION

お問い合わせフォーム

先輩社員からのメッセージ

当社で働く先輩社員より、当社の魅力や働きがいなどをご紹介いたします。
是非一度ご覧いただき、当社で働くイメージをつかんでください。

ブリアンテ プランナー 吉見 友里

たくさんの気持ちをカタチに…

たくさんのお客様がいらっしゃる中で、全く同じ結婚式はありません。結婚式への夢、希望、おふたりの良さ、個性などを打合せや雑談の中で汲み取り、それらを結婚式当日に向けてカタチにしていきます。結婚式までの道のりは楽しい事ばかりではありません。途中で不安になってしまう方や、無理だとわかっていてもどうしても実現したい事がある方などもいらっしゃるため、お客様の心をうまく上げていく事も大切です。

今まで創り上げたものがカタチとなった当日の喜びはとても大きいものです。結婚式を終え、新郎新婦様から「吉見さんが担当でよかった!最高な一日になりました」とお言葉をいただいた時が、この仕事をやっていて良かったと実感する一番の瞬間です。

その他、ゼクシィなど雑誌紙面の構成やブライダルフェアの企画、発注関係など、幅広い分野の仕事があります。

お客様の域を超え「友達になってください!!」と言っていただけた事。

結婚式がお開きになり新郎新婦様の近くに駆け寄って行った際、新婦様から「友達になって下さい」と突然びっくりするお言葉をいただきました。結婚式準備を通してお客様と携わっていく短い時間で、今まで歩んできたいろんな人生を教えていただきながら創り上げていく結婚式。その中でプランナーとお客様の域を超えた信頼関係を築くことができたのだと感じました。

結婚式後も「子供が産まれたよ」などと、お越しいただくことがあります。お打ち合わせ、結婚式が終了した後のお二人の嬉しい出来事に一緒に喜びを味わうことができる。こんな素敵な仕事は他にないと思います。

フューネラル事業部 ディレクター 名倉 みほ

お客様の気持ちに添ったサービスを…

葬祭ディレクターの仕事は、ご遺族の方とどのようにご葬儀をするか打合せをし、式場の設営、式次第の統括をします。突然の出来事に多くのご遺族はご葬儀に対し不安を感じているので、少しでも安心して故人様をお見送りできるよう、ご葬儀をプロデュースします。

ご葬儀が無事終了し、ご遺族への最後のご挨拶の時に、ご挨拶してから下がる際に「良くしてくれてありがとう」と言われた時が一番嬉しいです。お通夜・葬儀は2日間で執り行うので、ご遺族と関わることの出来る時間は限られています。しかし、その短い間に、お客様の自分に対する呼び名が会社名から「名倉さん」と名前で呼びかけてくださるようになり、冗談交じりに「私の葬儀も名倉さんにお願いするね」と言われたときは、ご満足いただけるサービスが提供できたと実感できる瞬間です。ただ単に何事も無くご葬儀を終えるのでなく、如何に希望に沿ったご葬儀が出来るかを考えて準備をした結果、最後のご遺族からの感謝の言葉はとても嬉しいですし、励みになります。

この職業に興味を持ったのは学生時代、社会心理学の講義中に教授から、心理学の知識を持った人が社会で幅広く活躍すべきという話を聞きました。この時、例に挙げられたのが葬祭業でした。ちょうど映画の影響もあり、注目されつつある業種だったので、進んで説明会に参加し始めました。もともと、何か一つのことを極めていく専門的な職業に憧れていたので、葬祭という非日常的な分野を専門に執り行うこの職業に惹かれました。

入社した今、学ぶことの多い毎日です。専門知識と経験が求められる責任ある仕事であると改めて実感するとともに、いかにお客様の不安を取り除いてあげられるかを工夫したり、葬儀についての知識を新たに得ていくことにやりがいも感じています。すべてのご遺族にご納得いただけるようなサービスをご提供できるよう、日々精進し、自分のサービスの質の向上に繋げていきたいと考えています。